顔のイラスト

美容皮膚科について

美容皮膚科の歴史について

案内する看護師

日本における美容皮膚科の歴史はまだ浅いと言われています。美容皮膚科が自由標榜科されたのは、2008年という今から7年前のことで、その歴史はまだ10年にも満たないものです。しかし研究会としての活動は1987年からスタートしており、日本美容皮膚科学会は2002年から活動がスタートされました。この学会ではレーザー指導専門医などの認定医制度を導入するなどして、日本における美容皮膚科の発展に貢献しました。日本での美容皮膚科の歴史は比較的浅いとは言うものの、人々の美容に対する関心は高く、日本においてこの分野における発展は急速に進みました。肌自体をきれいにすることが若い印象を与える重要な要素であることが、広く知られるようになりました。

今後のトレンドについて

広く一般の人々が肌を美しく保つことに関心を持つという背景から、美容皮膚科を利用する人々が多くなりました。美容皮膚科では肌を美しくすることができる様々な治療や施術を受けることができます。ボトックス注射やヒアルロン酸注射、ケミカルピーリングやレーザー脱毛、ニキビ治療やスキンケアなどです。これらの施術を受けることで、できてしまったしみやしわ、たるみなどを改善することが可能となります。ここで挙げた施術の他に、新たな施術のための研究も積極的に行われており、今後どのような新たな施術が紹介されるのか楽しみでもあります。美肌に対する関心は今後ますます高くなる傾向があると考えられ、美容皮膚科の利用がさらに身近になると予想されます。